【中学入試】サピックス 校舎別「女子学院」合格者数

中学入試

この記事では、サピックスの「女子学院」合格者数について、校舎別にまとめました。合格者数の比較以外に、合格率(合格者数/在籍者数×100)順で並べたデータも取り上げています。

なお、ここで紹介している在籍者数および合格者数はSAPIXERに掲載されているデータに基づいたものです。

スポンサーリンク

合格者数

まずは基本となる各校舎の2020年度の在籍者数と合格者数から。

校舎名在籍者数合格者数
東京3857
自由が丘37718
吉祥寺2812
成城2599
練馬25413
横浜2303
西船橋2076
巣鴨2027
大井町1903
白金高輪1824
用賀1785
大船1750
渋谷1704
たまプラーザ1622
お茶の水1606
中野1547
松戸1474
南浦和1423
王子1315
武蔵小杉1222
1172
豊洲1163
千葉1103
日吉1086
新浦安1060
国立1033
青葉台920
仙川921
町田902
高田馬場884
海浜幕張791
下高井戸783
永福町772
茗荷谷770
センター南751
大宮692
東戸塚651
若葉台601
上大岡580
宮前平472
茅ヶ崎460
所沢390
新越谷381

上位10校舎の3年間の合格者数推移

続いて合格者数上位10校舎の3年間(2018年度~2020年度)の合格者数推移を確認します。用賀と王子が合格者数5で並んでいるため、11校舎分のデータを掲載しています。

校舎名2020年度2019年度2018年度
自由が丘181012
練馬13139
成城949
東京7910
巣鴨745
中野746
西船橋615
お茶の水637
日吉660
用賀536
王子523

自由が丘は2桁をキープしながら、2020年度は一気に合格者を増加させました。練馬、東京は比較的安定した成績を残しています。桜蔭は1位が東京(18人)、2位が吉祥寺(15人)でしたが、吉祥寺は姿を消しました。逆に桜蔭では上位10校舎から外れていた練馬がこちらでは2位につけるなど、校舎ごとに偏りが見られたように思われます。

合格率上位20校舎

最後は2020年度の合格率(合格者数/在籍者数×100)です。

校舎名在籍者数合格者数合格率
日吉10865.56%
練馬254135.12%
自由が丘377184.77%
中野15474.55%
高田馬場8844.55%
宮前平4724.26%
下高井戸7833.85%
王子13153.82%
お茶の水16063.75%
成城25993.47%
巣鴨20273.47%
国立10332.91%
西船橋20762.90%
大宮6922.90%
用賀17852.81%
千葉11032.73%
松戸14742.72%
新越谷3812.63%
永福町7722.60%
豊洲11632.59%

合格率の範囲は「2.59%~5.56%」となっており、1位と20位の校舎の差は3%ほどです。それに対して、他の難関校では概ねおよそ4%程度の差となっていることが分かります。このデータのみで判断すると、女子学院に関しては校舎ごとのばらつきが比較的少ないということが言えるかもしれません。

その他の難関校についてのデータは以下からご覧いただけます。

タイトルとURLをコピーしました