【中学入試】サピックス 校舎別「麻布」合格者数

中学入試

首都圏の難関中学合格を目指すためにサピックスに入塾しようとなったとき、悩ましいのが校舎選びです。まず重要なのは通塾時間や規模ですが、校舎ごとの合格者数はどうなのかと気になる人もいるかもしれません。

この記事では、サピックスの校舎別「麻布」合格者数をまとめました。合格者数の比較だけではなく、合格率(合格者数/在籍者数×100)順で並べたデータも取り上げています。

なお、ここで紹介している在籍者数および合格者数はSAPIXERに掲載されているデータに基づいたものです。

スポンサーリンク

合格者数

まずは基本となる各校舎の2020年度の在籍者数と合格者数からです。

校舎名在籍者数合格者数
東京38518
自由が丘37717
吉祥寺2816
成城2596
練馬2545
横浜2307
西船橋2075
巣鴨2027
大井町1903
白金高輪18210
用賀1783
大船1757
渋谷1709
たまプラーザ1624
お茶の水1605
中野1543
松戸1472
南浦和1425
王子1314
武蔵小杉1223
1173
豊洲1166
千葉1101
日吉1084
新浦安1063
国立1037
青葉台921
仙川924
町田902
高田馬場882
海浜幕張794
下高井戸783
茗荷谷771
永福町772
センター南750
大宮692
東戸塚654
若葉台601
上大岡580
宮前平472
茅ヶ崎460
所沢391
新越谷380

上位10校舎の3年間の合格者数推移

続いて合格者数上位10校舎の3年間(2018年度~2020年度)の合格者数推移を確認します。合格者数6の校舎が3校あるため、実際には11校舎分のデータを掲載しています。

校舎名2020年度2019年度2018年度
東京181719
自由が丘171323
白金高輪10164
渋谷91014
横浜772
巣鴨701
大船716
国立744
吉祥寺61211
成城687
豊洲642

東京、自由が丘、渋谷は安定している印象です。白金高輪は2019年度に大幅増となっていますが、これが続くかどうかというところだと思います。講師は移動がありますので、その校舎に集まる生徒の質が合格者数を左右する鍵となります。各ご家庭が校舎選びをする際に直近1~2年のデータを調べた結果、合格者数が多い校舎に優秀な生徒が集まり、その後も合格者数が高止まりする、ということが起こる可能性はあるでしょう。

合格率上位20校舎

最後は2020年度の合格率(合格者数/在籍者数×100)です。

校舎名在籍者数合格者数合格率
国立10376.80%
東戸塚6546.15%
白金高輪182105.49%
渋谷17095.29%
豊洲11665.17%
海浜幕張7945.06%
東京385184.68%
自由が丘377174.51%
仙川9244.35%
宮前平4724.26%
大船17574.00%
下高井戸7833.85%
日吉10843.70%
南浦和14253.52%
巣鴨20273.47%
お茶の水16053.13%
王子13143.05%
横浜23073.04%
大宮6922.90%
新浦安10632.83%

合格率で見ると合格者数で上位に入っていない校舎名も出てきますが、これは合格率を算出する計算式の都合上、仕方のないことです。

開成のデータと比較すると、開成の合格率上位20校舎の合格率の範囲が「4.49%~8.70%」であったのに対して、麻布は「2.83%~6.80%」と概ね2%の開きがあります。募集人員はどちらも300であることを考えると、サピックスは開成に強いということが改めて見て取れるのではないでしょうか。ちなみに、2020年度の各中学校の合計の合格者数は開成が286名、麻布が183名です。

その他の難関校についてのデータは以下からご覧いただけます。

タイトルとURLをコピーしました