【2021年度大学入試】個別試験(2次試験)での出題範囲に関する各大学の対応(配慮)

大学入試

7月31日までに各大学は、2021年(令和3年度)大学入試の個別試験における出題範囲に関しての対応が発表しました。対応は様々で、国立大学内でも配慮をするかどうか、またその内容などについてばらつきがあります。

今回は各大学の対応について、現時点で分かっている情報を簡単にまとめました。

例えば、東京大学京都大学慶應義塾大学早稲田大学などは出題範囲を変更しない旨、発表しています。

もっとも積極的な配慮を行ったのは横浜国立大学で、大学に受験生を集めて行う学力検査を一切取りやめる旨、発表しました。

受験生は志望校がどのような対応をとっているのか必ず確認するようにしましょう。

スポンサーリンク

出題範囲を変更しない大学

出題範囲を変更しない旨、発表したのは以下の大学です。受験生はこれまで通りの準備をすればよいということになります。

東京大学、京都大学、慶應義塾大学、早稲田大学、関西大学などの31大学

個別学力検査等を実施しない大学

そもそも個別学力検査を実施しない、と発表したのは現時点では横浜国立大学のみです。

横浜国立大学

発展的内容を出題しない大学

発展的内容は出題しないと発表したのは以下の大学です。

秋田大学、茨城大学、埼玉大学、東京外国語大学、岡山大学など

選択問題を設ける大学

選択問題を出題すること配慮すると発表したのは以下の大学です。

室蘭工業大学、山口大学など

補足説明を書いた上で発展的内容を出題する大学

問題文などに補足説明を書いた上で発展的内容を出題するとした大学は以下の通りです。これらの大学を志望している受験生は、基本的にこれまで通りの準備を進めればよいということになります。

北海道大学、筑波大学、東京工業大学、浜松医科大学、名古屋大学、滋賀医科大学、九州大学、横浜市立大学、上智大学、東京理科大学、中央大学など

その他の対応をとる大学

複数の配慮を組み合わせるなどの対応をとっている大学は以下の通りです。志望者は内容を必ず確認しましょう。

東北大学、山形大学、東京医科歯科大学、信州大学、長崎大学など

タイトルとURLをコピーしました