『出る! 出た! 英語長文14選 初級編』の内容と利用法

英語参考書

出る! 出た! 英語長文14選 初級編』は大学入試用の英語長文問題集です。三部作「初級編」「中級編」「上級編」の一作目です。「初級」といっても,あくまで大学入試における初級ですから注意しましょう。

初版が2017年と比較的新しい問題集のためか,最近の入試によく出てくるトピックの英文ばかりが収録されています。音源がないのがネックですが,三部作を通して取り組む価値のある問題集です。

スポンサーリンク

内容

400語以下からなる14の英文が収録されています。どの英文も複数年度に渡って複数の大学で出題されたものですから,大学入試において好んで出題されるトピック,あるいは今後出題される可能性が高い英文に触れることができると考えていいでしょう。

問題編は別冊としてついており,14の問題の後に復習用の英文全文(白文)と全訳が掲載されています。問題を解いて終わりにするのではなく,何回も何回も読み直すと効果的です。

解答・解説編ではまず解答とそれぞれの設問に関する比較的丁寧な解説があります。正解の根拠や正解以外の選択肢の意味もきちんと説明されていますので,解説を読んで悩むということはあまりないでしょう。

解説の後には,「各文の意味と構造」として,段落ごとに1文ずつ取り上げ,各文の構造が詳細に分析されています。左ページではSVOCなどの「構造分析」と「文法&構造のポイント」,さらには「発展学習」として問題が演習問題を掲載、右ページには「和訳」と「発展学習の解答・解説」という構成です。1文ずつ詳細に分析されているので,英文解釈があまり得意ではない人も,文章構造をきちんと把握しながら読み進めることができます。

CDやダウンロード音源がないのが最大のマイナスポイントです。逆に言えば,それ以外に欠点らしき欠点は見当たりません。『やっておきたい』など,河合塾の英語長文問題集に共通する欠点であり,英文の質は良いので後は音源さえあれば…と思ってしまいます。

取り組む時期

三部作に取り組むのであれば,高2の終わり,あるいは遅くとも高3の5月までには終わらせましょう。1冊を仕上げる期間の目安は1か月~1か月半です。

タイトルとURLをコピーしました