『英文解釈の技術100』の内容と利用法

英語参考書

『英文解釈の技術100』は難関大志望者が英文解釈の総仕上げを行うための問題集です。

この問題集を仕上げれば,もう他に英文解釈の問題集をやる必要はありません。難関大で出されるような複雑な英文であっても,構造分析できるようになっているはずです。心置きなく長文問題に取り掛かり,これまで培ってきた技術を実戦の中でさらに磨いていくことにしましょう。

スポンサーリンク

内容

100の例題と演習問題から構成されており,見開き2ページに「例題+解説+全文訳+演習問題」が入っています。この構成は『基礎』と同じですね。例題や演習問題には東大・京大や早慶の入試問題で出された英文もあり,『基礎』からまた一段難易度が上がっています。

詳細な解説はついているものの,掲載されている英文はどれも手強いものばかりです。すべての説明を一度に理解出来なくても問題ありませんし,そうする必要もありません。何回・何十回も復習する中で,最終的にすべての技術が身についていればいいのです。

複雑な英文の構造を分析するための技術も色々と紹介されているのですが,まず第一にS(主語)とV(述語動詞)という文の主要素を把握することに拘っている点を不思議に思う人がいるかもしれません。これは一見当たり前のように思えて,(特に複雑な英文になると)多くの人ができなくなってしまうことだからです。逆に言えば,当たり前に思えることを積み重ねていけば,どんな複雑な英文も分析・精読できるようになります。

例題の英文だけを掲載した復習トレーニングに,音読用のCDも付いていますので,これらを利用して徹底的に音読練習をしましょう。例題の英文はすべて瞬時に構造を見抜き,意味を理解できるようになった上で,暗唱できるくらいまで音読練習を繰り返すことが大切です。

取り組む時期

『基礎』を終えた後に取り組みましょう。難関大志望者は,この問題集を終えた後に長文に本格的に取り掛かる必要があります。できれば高3の6月までに,遅くとも8月までには終わらせておきたいところです。仕上げるまでの期間の目安は大体2~3カ月です。

タイトルとURLをコピーしました