『入門英文解釈の技術70』の内容と利用法

英語参考書

『入門 英文解釈の技術70』は大学入試に向けて英文解釈の基礎を固めるための問題集です。例題や演習問題用の英文はすべて大学入試問題から取られていますが,中学校~高校1年生レベルの文法項目をもとに選ばれていますので,英語が得意な中学生や高校1年生でも取り組むことができます。

英文解釈の問題集として定番の『英文解釈の技術』シリーズ3作目です。超入門解釈60⇒入門解釈70⇒基礎解釈100⇒解釈100の順に難易度が上がっていきます。受験生は自分の学力に応じて『超入門』か『入門』からはじめ,まずは『基礎』までを終わらせることを目標にしましょう。『基礎』までやれば長文読解に移行するための英文解釈の基礎は身につくので,その後は別の問題集を使用しても大丈夫です。

スポンサーリンク

内容

70の例題70の演習問題で構成されています。英文は大学入試問題からとられていますが,文法項目は中学校~高校1年生レベルを中心に構成されていますので,高校レベルの基本的な単語と文法を一通り勉強した後,すぐに取り組むことが可能です。

例題は「英文+見開き解説+全文訳」で構成されており,解説はかなり詳しく書いてあります。1つの例題を見開きで完結させている都合上,やや解説の文字が詰まっており,レイアウトがごちゃごちゃしているという印象を受ける人もいるかもしれません。

問題集としては非常に優れたものなのですが,2点だけ注意しておくべきポイントがあります。

1点目は,解説で文法用語が連発されている点です。文法項目だけでなく,文法用語についての知識もなければ活用するのは難しいかもしれません。文法用語が苦手な人の場合,解説がほとんど理解できず呆然としてしまうこともあり得るでしょう。

2点目は,全文訳に意訳されている箇所がある点です。分かっている人が見ればどういう風に訳したか分かるものの,まさにこれから勉強しようとしている学習者は混乱することがあるかもしれません。実際,これまでにも「どうしてこういう訳になったのか分からない」という質問を受けることがままありました。独学でも使えないことはないものの,指導者がいた方がより効率的に活用できるでしょう。

CDがついているため音読用教材としても利用できます。これはどの問題集でもいえることですが,例題と演習問題を解いたら,必ず音読するよう習慣付けましょう。例題70問の後に「復習トレーニング」としてすべての例文が掲載されています。暗唱できるくらい音読を繰り返し,読み込むべきです。

取り組む時期

高校までの基本的な単語や文法を一通り習得してから取り組みましょう。英語が得意な人は『超入門』を飛ばして,いきなり『入門』から始めても問題ありません。

本格的な長文に取り組むまでに『基礎』まではやっておきたいので,できれば高2までに終わらせておきたいところです。英語が苦手な人も高3の6月までには終わらせましょう。

タイトルとURLをコピーしました