【2021年度大学入試】共通テストや個別試験の入試日程と出題範囲について

大学入試

文部科学省は2020年6月19日,2021年度大学入試について,共通テスト・個別試験の実施日程や出題範囲についての発表を行いました。実施日程については,基本的に例年通りとなるようです。ここでは,受験生にとって重要な部分に絞って概要をご紹介したいと思います。

この記事は文部科学省HPにて掲載されている通知(「令和3年度大学入学者選抜実施要項について」)を元に作成したものです。続報があり次第,適宜加筆修正いたします。

スポンサーリンク

大学入学共通テスト

入試日程

2021年度(令和3年度)大学入学共通テストの実施日程は以下の通りです。例年は本試験と追試験のみですが,今年は新型コロナウイルス感染症の影響を考慮し,第3の日程が追加されました。

 ① 2021年1月16日・17日(現役生+すべての浪人生)
 ② 2021年1月30日・31日(①の追試験受験者+出願時に選択した現役生)
 ③ 特別追試験:2021年2月13日・14日(出願時に②を選択した現役生のための追試験)

①は例年でいうところの「本試験」にあたります。現役生は学習の遅れがある場合,出願時に②の日程での受験を選択することができますが,浪人生は出願時に②を選択することはできません

②は基本的に①の追試験という扱いですが,学習の遅れを理由に②の日程での受験を選択する現役生のための試験でもあります。

③は②を選択した人(現役生)のための特別追試験という扱いです。受験できるとしても現役生のみとなります。

出題範囲

共通テスト自体の出題範囲については特に言及がありませんでしたので,これまでの発表通りということになります。

その代わり,通知では各大学に対して,アドミッション・ポリシーを踏まえた上で以下のような配慮を行うように求めていました。

  1. 地歴公民,理科などの2科目指定を1科目にする。
  2. 指定科目以外の科目への変更を認める。

ただ,こうした配慮を行うかどうかの最終決定権はあくまで大学側にあります。自分が受験予定の大学がどのように判断するかは,各大学の発表を待つほかありません。

個別試験

入試日程

各大学が行う個別試験については,例年通り以下の日程で行われることになります。実施日程の最終判断については各大学に委ねられることとなりました。

2021年(令和3年)2月1日~3月25日

また,新型コロナに罹患した志願者に対して,各大学は次のいずれか一つの方策を必ず講ずることとする,としています。

  1. 追試験日の設定
  2. 別日程への受験の振替(追加の受験料徴収なし)

出題範囲

通知では,高3でも履修することの多い科目(数学Ⅲ,物理,化学,生物,地学,世界史B,日本史B,地理B,倫理,政治・経済など)において,各大学が配慮するものとする,とされました。

配慮とは具体的にいえば以下のようなものです。

  1. 志願者が解答する問題を選択できる出題方法にする。
  2. 教科書に「発展的な学習内容」と記載されている内容からは出題しない。
  3. 「発展的な学習内容」から出題する場合は,特定の受験生が不利にならないよう,設問中に補足事項等を記載する。

ただ,共通テスト同様,これらの措置をとるかどうかはあくまで大学側の判断に委ねられています。受験生は粛々と準備を行いつつ,自分が受験予定の大学の発表を待つほかありません。

私大志望者も共通テストの受験を

私大志望者で,共通テストを受験する予定がなかった人も,来年に限っては共通テストを受験しておいた方がいいだろうと思います。万が一2月にコロナの感染が再拡大して個別試験が開催できなくなった場合,各私立大学が共通テストの結果で合否を判定することになるかもしれないからです。

タイトルとURLをコピーしました