『超入門英文解釈の技術60』

過去問英語参考書

超入門英文解釈の技術60』は大学受験を見据え,初めて英文解釈に取り組む人を対象にした英文解釈の問題集です。主に高校入試問題から採用された60の例題演習問題を通して英文の構造を把握するための基礎を学ぶことができます。

英文解釈の問題集として定番の『英文解釈の技術』シリーズ4作目です。超入門解釈60⇒入門解釈70⇒基礎解釈100⇒解釈100の順に難易度が上がっていき,解釈100は難関大用として作られています。

スポンサーリンク

内容

例題60問とそれぞれの例題に対応した演習問題60問から構成されています。超入門では多くの英文を高校の入試問題から採用しているため,いきなり難解な英文が登場することはありません。英語が苦手な人も取り組みやすいといえるでしょう。例題の白文は「Review Training」というコーナーにすべて掲載してあるため,復習音読を効率的に行うことができます。

英文は高校の入試問題からとられたものですが,解説はかなり本格的なものです。基本的な文法用語などは知っていることを前提として解説されているため,高校までの基本的な英文法に不安がある人はまずそこをしっかりと復習・理解しておきましょう。文法の理解が不十分なまま取り組むと,解説が理解できず効果的に学習できない可能性があります。

解説は非常に丁寧であり,これをしっかりと理解することができれば,英文解釈の基礎を盤石にすることができますが,例題や演習問題の解答例として掲載されている全文訳に,意訳と思われる部分が見受けられることがある点には注意が必要です。特に例題・演習01は諺のため,全文訳を読んで面食らう人がいると思います。そういう場合,全文訳はあくまで参考程度にしておいてください。まずは構造を理解して,書いてある英文の通りに訳せていれば大丈夫です。

英語が得意な人にとってはよくても,英語が苦手な人や初学者にとっては,なぜこの訳になったのか分からない,ということがあるかもしれません。そんなときのために,質問対応してくれるような学校の先生や信頼できる指導者がいる環境で使うと,疑問を解消しながら効率的に勉強を進めることができるでしょう。

取り組む時期

学校の進度や学習者のレベルにもよりますが,英文解釈は高校までの基本的な単語と文法を習得してからでないと効率的に勉強することができません。英語が苦手な人や,通塾なしで普通の進度の公立高校に通っている人は,高1の秋~高2の夏くらいまでの間に手を付けるようにしましょう。期間は開始から2~3か月程度を目安にするといいと思います。

英語が得意という人は中学生から使っても大丈夫です。英検準2級に合格している人であれば問題なく使えるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました