『入門問題精講』の内容と利用法

数学参考書

入門問題精講』は教科書レベルの問題の理解を助けるための問題集です。初めて学習する人先取り学習をしたい人数学が苦手な人はまずこの問題集から入るといいでしょう。

『〇〇問題精講』シリーズは入門~上級まで4つに分かれています。自分の学力や目的に応じて使い分けましょう。

スポンサーリンク

内容

どんどん問題を解いていく問題集というより,基本的な公式などの「考え方」に多くのページを割いている問題集です。各章のそれぞれの単元は,公式や定理,考え方などについて解説する講義から始まり,その後に練習問題が続きます。

練習問題の解説は,考え方を示す精講⇒解答という流れです。他の問題集では省略されがちな途中式なども丁寧に書いてあるので,特に数学が苦手な人にとっては助かる存在となるでしょう。単に公式を丸暗記して解くのではなく,背景も含めてその公式の意味を考えることで,確かな実力を身につけることが可能となります。

場合の数」「確率」「集合と論理」なども噛み砕いた説明があるので,これらの分野が苦手という人も,使ってみるといいかもしれません。練習問題よりも少しレベルの高い応用問題も掲載してありますが,苦手意識がある人は,とりあえず飛ばしておいてもいいと思います。

なお,解説に重点を置いているため,練習問題はそこまで多くありません。演習量を確保したい人は教科書傍用問題集など,他のもので補う必要があります。

取り組む時期

先取り学習したい中学生や高校生は,教科書と一緒に早い段階から取り組めます。「教科書+教科書傍用問題集+本書」が終わったら,網羅形参考書に進んでも大丈夫でしょう。

数学に苦手意識を持っている人は,学校の授業教科書傍用問題集と並行して使うと効果的です。

その他のレベル,目的別参考書・問題集一覧については以下の記事をご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました