【算数】小学4年生の家庭学習の進め方とおすすめ問題集

家庭学習

小学4年生という時期は,多くのご家庭で中学受験をするかどうか,判断を迫られる時期です。決定を留保したご家庭でも,いざ受験をするとなったときに,塾に入ってそこでの学習スピードについていけるよう,家庭学習でしっかりと準備しておく必要があります。

この記事では,学校の学習内容の先取り学習だけでなく,中学受験を見据えた上で,どの教材を使うべきかこれだけやっておけば十分,という必要最低限のものに絞ってご紹介しておきました。3年生のときよりかなり分量が増えていることにお気づきの方もいらっしゃるかもしれません。

ここで紹介する内容をきちんと消化することができれば,仮に塾に通わなかったとしても,塾で得られる学力に近い学力を身につけることが可能です。

小3の学習内容に不安がある方は以下の記事を参考にして,まずそちらを固めてください。小4からは小3までより,更に内容は高度に,分量を増加していきます

スポンサーリンク

基礎固め(期間:1~2か月)

基本事項の習得

まずは『上級算数習熟プリント』で基本事項を習得しましょう。算数が苦手なお子さんであれば『中級算数習熟プリント』でも大丈夫です。繰り返し復習できるよう,コピーして使いましょう。

天才ドリル

天才ドリル ナンバー・マトリックス』『天才ドリル 素因数パズル』『天才ドリル 不等号パズル』で,楽しみながら計算力,論理的思考力を身につけましょう。

計算練習(基礎編)

計算練習はスポーツや音楽の練習と同じで,短い時間でもなるべく毎日継続することが重要です。『小学校の先生がつくった! 朝学プリント 計算 小学3・4年生』で3年生の内容を復習しながら,4年生の計算を固めましょう。

計算問題をやる際にはかならず制限時間を設けてやるようにしましょう。時間意識を身につけることで,短時間で集中して取り組むことができるようになり,効率的に勉強を進められるようになります。

応用力養成(期間:2~3か月)

応用力養成

基礎が固まったら,『小学ハイクラスドリル』に取り組んで徐々にステップアップしていきましょう。ミスを連発してしまう回があったり,最初は手がつかない問題があったりするかもしれません。復習をしながらじっくりと取り組んでいきましょう。

天才ドリル

天才ドリル 立体図形が得意になる点描写【神童レベル】』『天才ドリル 文章題最強解法メソッド まるいち算』で,一歩進んだ図形センスや思考力を身につけます。空間図形は中学受験でも苦手とする人が多いので,今のうちにしっかりと慣れておきましょう。

小学4年生までに身につけたいシリーズ

和差の思考センス』『数の思考センス』『平面の図形センス』『立体の図形センス』で中学受験の準備を開始しましょう。特に『図形センス』シリーズは難易度の高い問題も混じっていて,受験生を対象とした塾の模試や中学受験本番でも似たような問題が出てきたのを見たことがあります。逆に言えば,この時点でしっかりとした力を身につけておけば,受験生になっても恐れることはないということです。

なお,「小学4年生までに」といっても,あくまで中学受験準備をするという前提の上での問題集であることに注意しましょう。

計算練習(応用編)

リーダードリル〈算数〉』で少し難しめの計算練習を積みましょう。間違えた問題の復習などもしながら,最終的に1回を「8分でノーミスか1問ミス」で解けるようになれば合格です。

発展問題への挑戦(期間:3~6か月)

発展問題への挑戦,受験準備

中学受験を考えている,あるいは算数が得意なお子さんは『トップクラス問題集』に挑戦してもいいのですが,この時期からは四谷大塚の『予習シリーズ』に進んだ方がいいでしょう。もちろん,余力があれば『トップクラス問題集』をやって損することはありません。どちらにしても,徹底的な復習が必要です。『予習シリーズ』は四谷大塚のHPから入手可能です。

中学受験を考えていない,あるいは先取り学習を優先したいという方針のご家庭の場合は,応用力養成段階まで終えた後,5年生の内容に進んでもいいと思います。

中学受験の四谷大塚|ベストセラー教材 予習シリーズ
四谷大塚の教材は、ベストセラー教材「予習シリーズ」をはじめ、さまざまな副教材を用意しており、共に中学受験の必須教材として長年高い評価をいただいています。

計算練習(発展編)

ハイレベル算数ドリル 小学4年 500題』で思考力が要求される難問に挑戦しましょう。難易度は高めです。なかなか進まずストレスになるようでしたら,無理に終わらせる必要はありません。

きらめき算数脳(+αとして)

算数が好きなお子さんや,思考力を鍛えたいという場合は『きらめき算数脳』に取り組みましょう。普段難しい問題ばかりやっているお子さんにとっては気分転換になると思います。

『きらめき算数脳』についてのレビューは以下の記事をご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました