『トップクラス問題集算数』の内容と使用方法

家庭学習

『トップクラス問題集算数』は『スーパーエリート問題集』や『最レベ問題集』と並んで,家庭学習で取り組める問題集としては最高レベルとされる問題集です。この問題集までやっておけば,小4まで塾に通わなくても難関中学受験準備ができます。

ただ,そのレベルの高さゆえに使い手を選ぶ側面もありますので,使用に当たっては注意が必要です。今回はこの『 トップクラス問題集算数 』の内容や使用方法について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

『トップクラス問題集算数』の内容

内容

小学1~4年生を対象としたものが出ています。それに対して,『スーパーエリート問題集』や『最レベ問題集』は小学1~3年生までしか出ていませんので,小学4年生用のものがあるのは大きな特徴と言えるでしょう。『スーパーエリート問題集』や『最レベ問題集』は小3の2月からの入塾を前提に作られているのかもしれません。

単元ごとに「標準クラス」「ハイクラスA」「ハイクラスB」「トップクラス」の4段階に分かれており,それぞれ見開き2ページで問題がのっています。

中学受験を目指す生徒さんが,入塾前の準備,あるいは腕試しのために取り組む問題集という位置づけです。

対象レベル

難易度が高く,頭をフル回転させる必要のある問題が多いので,算数が苦手というお子さんにはあまりおすすめしません。さらに算数が嫌いになる可能性が大です。あくまで算数が得意・好きでもっと難しい問題を解いてみたい,というお子さんに最適です。それでもほとんどのお子さんはトップクラス問題に苦労すると思います。

あくまで中学受験を目指しているお子さんの,大手の塾に入る前の準備段階として作られている問題集です。個人的には受験の有無にかかわらず,応用・発展問題はやっておいた方がいいと思いますが,受験をしないという人は姉妹編の『徹底理解編』でもいいかもしれません。

使用時期

一般的には各学年の9月頃から2~3か月かけて使用するといいでしょう。各学年で『上級算数習熟プリント』と『小学ハイクラステスト 算数』を終わらせた後に取り組むとあまりストレスなく進められると思います。

得意なお子さんはどんどん先取りで学習していってもいいと思いますが,あまり急ぎ過ぎると前に学習したことがどんどん抜けていくので,適度に復習を挟みながら進めた方がいいでしょう。

使用方法

書き込まずにノートに解答を書くようにしましょう。解説は保護者が預かっておき,解き終わったらお子さんと一緒に答え合わせをするのが一番いいと思います。子供に解説をしっかり読んでもらい反応を確かめながらじっくり取り組んでいきましょう。

一周目で手がつかない問題があっても,解説をしっかり読んだら気にせず先に進んでください。あまり時間をかけすぎるとお子さんが嫌になってしまう可能性があります。小学3年・4年レベルになってくると大人が見ても考え込んでしまうような問題が多くなってくるので,注意が必要です。

トップクラスの問題を自力で解くのが難しいようだったら,まずはハイクラスまでの問題を一通り終わらせましょう。その後に復習しながらトップクラスの問題に挑戦すると一周目よりは手がつくようになっているはずです。

タイトルとURLをコピーしました