英検準1級合格のための参考書・問題集

過去問英語

今回は英検準1級合格のための参考書・問題集をご紹介します。

英検2級までは高校での英語学習の延長であまり特別な対策をしなくても合格できるのですが,準1級から難易度が一気に上がるため,無策で臨むと手も足も出ないということになりかねません。ここからはしっかりと準備をして対策を練っておかないと,語彙問題で4つの選択肢の単語が1つも分からないということも起こり得ます。

必要最小限という意味でいえば,「単語帳」「語彙問題対策の問題集」「過去問集」の3種類はあった方が良いでしょう。その他,リスニングや英作文対策の参考書はあって困ることはないけれど,くらいに考えておけばいいと思います。

設問別の対策については別の記事で書く予定です。

スポンサーリンク

単語帳

英検2級までは『DUO 3.0』があれば特に英検用単語帳は必要ありませんが,英検準1級以上の受験者には専用の単語帳の使用をおすすめします。2級から準1級になると難易度が一気に上がり,学校の勉強や日常生活では目にしない単語が急増するからです。英語の雑誌やニュースに触れている人でないと,見たことも聞いたこともない単語のオンパレードで呆然としてしまうかもしれません。

また準1級レベルになると,SpeakingやWritingで使う必要がある単語(能動語彙)に比べて,見て意味が分かればいい単語(受動語彙)の割合が増えてくるのも特徴的です。一定レベル以上の英語学習者にとっては,能動語彙と受動語彙の区別をつけることが語彙力増強の鍵といっても過言ではありません。

英検準1級 でる順パス単』か『出る順で最短合格! 英検準1級単熟語EX』を使えばいいでしょう。正直,どちらを使っても到達点に大きな違いはありませんので,好みで選べばいいと思います。どちらも出題頻度順に単語を並べている点では同じです。

パス単』は単語が品詞(動詞,名詞,形容詞・副詞)別になっており,熟語はアルファベット順で掲載されています。それに対して『単熟語EX』の方は,単語は品詞別ではなくランダム配置で,熟語もアルファベット順にはなっていません

英検準1級合格のために「覚えておくべき英単語 300選」「覚えておくべき英熟語 150選」は以下からどうぞ。

語彙問題

大問1,すなわち語彙問題は多くの受験生が一番苦しむところでしょう。2級までと同じと考えて臨んだ結果,問題文の意味は分かっても選択肢を構成している単語が1つも分からずお手上げ状態という人を良く見かけます。高校での英語学習や大学受験のための勉強では全く見かけない単語も数多く登場するからです。単語帳と並行して問題集に取り組み,対策をしっかり進めていく必要があります。

まず『英検分野別ターゲット 英検準1級単語・熟語問題』か『出る順で最短合格! 英検準1級 語彙問題完全制覇』を用意して徹底的に復習しながら勉強しましょう。おそらくある程度の段階に来ると,問題文の内容やジャンルからある種のパターンや傾向が見えてくるはずです。問題によっては,問題文を読んですぐに答えが1つに絞れる場合もあります。

大切なのは全ての選択肢の単語の意味を分かろうとするのではなく,4つのうち3つの単語の意味が分かればいい,と考えることです。語学学習において,完璧を求めない姿勢は大切だと思います。

過去問集

英検に限らず,出題傾向を知り,時間配分を行うため,試験対策において過去問演習は欠かせません。旺文社の『2020年度版 英検準1級 過去6回全問題集』を活用しましょう。音声データもスマホのアプリかダウンロードをすれば聴くことができます。

その他

読解問題用多読教材

読解問題用の問題集として旺文社から『英検分野別ターゲット 英検準1級リーディング問題』が出ていますが,必須というほどではありません。出題形式に慣れるためには過去問に取り組めば十分だからです。それよりも,『the japan times alpha』のような英字新聞や『Newsweek』といった英語雑誌などを読み,環境問題・政治・経済などを含めた幅広いジャンルの文章に触れておくことが重要だと思います。

アカデミックな話題に触れた人は,『テーマ別英単語 ACADEMIC [中級] 01人文・社会科学編』や『テーマ別英単語 ACADEMIC [中級] 02 自然科学編』などを読むといいでしょう。

リスニング対策

リスニングについても英作文同様,問題集が必須というわけではありません。日頃からPODCASTなどでBBCやCNNのニュースを聴いている人Audibleなどを活用している人であれば,過去問以外で特別に対策する必要はないでしょう。

英検対策用の問題集を使いたい,という人は『英検分野別ターゲット 英検準1級リスニング問題』か『最短合格! 英検準1級 リスニング問題 完全制覇』を用意しましょう。

英作文対策

英検での英作文対策のために参考書を買う必要があるかというと,正直に言って私はそこまでする必要はないと思っています。というのも, 英作文に関しては添削指導をしてくれる人がいない限り,独力での対策には自ずと限界があるからです。

もし仮にリーディングとリスニングのそれぞれで満点(各750点)をとれたとしても,当然ながら合格基準スコア(1792点)には届きませんので,英作文対策をしなくていいということではありません。エッセイの書き方を学んだことがなく,独力(添削指導なし)で合格を目指す方は,出題形式と評価基準をおさえた上で,過去問演習をしてトータルで合格スコアを確保できるだけの英文が書ければそれで十分ということです。

それでも心配な方高得点を目指す方は『英検分野別ターゲット 英検準1級ライティング問題』か『最短合格! 英検準1級 英作文問題完全制覇』のいずれかを購入すればいいでしょう。エッセイの書き方についての解説モデルエッセイ基本フレーズなどが載っていますので,指針にはなると思います。

タイトルとURLをコピーしました