【大学入試】共通テストになって何が変わるのか

mocktest大学入試

文部科学省と大学入試センターは2020年1月29日,来年から始まる大学入学共通テストで,国語と数学の記述式問題の導入が見送られたことを受け,出題や解答時間の見直し案を発表しました。なお,今回の見直しを受け,新たな試行調査は実施されない方針のようです。

今回は国語・数学・英語の見直し内容について見ていきたいと思います。出題教科・科目の出題方法等については,大学入試センターのHPか,こちらから確認可能です。

スポンサーリンク

国語

国語では3問あった記述式問題がなくなり,「センター試験と同じ200点満点のマークシート式」となります。

解答時間は当初予定していた「100分」から80分」に変更になりました。

大問ごとに1つの題材で問題を作成するのではなく,さまざまな種類や分野の文章を組み合わせ,複数の題材による問題を作成する可能性についても示唆していますから,短時間で多くの文章を素早く読み,処理を行う能力が必要となるかもしれません。

数学

「数学Ⅰ・A」と「数学Ⅰ」では解答時間センター試験より10分長い70分」となります。

記述式問題がなくなり,全問マーク式であるところはセンター試験と同じですが,発表された文書には「⽇常⽣活や社会との関連を考慮し,科学的な事物・現象に関する基本的な概念や原理・ 法則などの理解と,それらを活⽤して科学的に探究を進める過程についての理解などを重視する。」 とありました。基本的な素材を組み合わせて,これまで見たことがないような新傾向の問題が出題される可能性も否定できません。

なお,「数学Ⅱ・B」と「数学Ⅱ」の試験時間に関しては,センター試験と同じ60分のままです。紛らわしいので間違えないように注意しましょう。

英語

民間試験活用を見送った英語では「リーディング」と「リスニング」を100点ずつ計200点満点で出題し,4技能のうち「読む・聴く」の2技能を評価することになりました。

文書の中で「発⾳,アクセント,語句整序などを単独で問う問題は作成しないこととする。」とあることから,従来の「筆記」にあった「発音・アクセント」などを問う単独問題は出されなくなるようです。この「発音・アクセント」問題は,筆記で「話す」能力を評価するために仕方なく出していたとしか思えない問題でしたから,無くなってよかったと思います。

リスニングテストの読み上げ回数については,「1回読みと2回読みの両方の問題を含む構成」とするという点で,以前発表されていたものから変更はありません。

まとめ

今回の発表を見ると,国・数の記述式と英語の民間試験活用延期を除き,従来の案から大きく変わったと言えるポイントはありませんでした。高校生にとっては分かりにくいものかもしれませんが,基本的には既に行われた共通テストの試行調査をベースに準備をすれば大丈夫です。

ただ,センター試験と同じと考えていると失敗する可能性が高いので,その点は注意しましょう。
マーク式のままといっても,単純に解くことはできず,考える時間をある程度必要とする問題が増えそうです。特に初年度の受験生は手探り状態で大変だと思いますが,おそらくセンター試験の過去問だけでは不十分で,各予備校の作成する模試などを受験し,様々な問題に触れておいた方が良いと思われます。

タイトルとURLをコピーしました